コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
公益財団法人三島海雲記念財団
財団について

ホーム> 財団について> 財団の歩み

財団の歩み

おもなあゆみ

2018年

平成30年

8月

西日本豪雨災害支援金を拠出

2016年 平成28年

11月
1月

セミナー、シンポジウム、講演会、研修会などの開催を補助する学術活動支援事業を開始
事務所を渋谷区広尾に移転

2015年 平成27年 7月

学術研究奨励金に、新たに共同研究奨励金を追加

2012年 平成24年 7月3日

設立五十周年記念式典開催
五十周年を記念して制定された、第1回「三島海雲学術賞」採択

2011年 平成23年 3月1日

東日本大震災に義援金・救援金を拠出

公益財団法人として認可、活動を開始

2008年 平成20年 7月

三島海雲生誕130周年記念事業の実施

「中央アジアの乳食文化」講演 (国立民族学博物館教授 小長谷有紀)
「世界の発酵乳」出版       

第6代 理事長 今関博就任

2007年 平成19年 11月7日 第5代評議員会会長 石毛直道就任資産管理委員会設置
2003年 平成15年 11月 第4代評議員会会長 笠沙雅章就任
2001年 平成13年 11月 第5代理事会会長 小林公生就任
1996年 平成8年 11月 第3代評議員会会長 大隈信幸就任
1982年 昭和57年 12月 第4代理事会会長 横山淑夫就任
1981年 昭和56年 12月 第2代評議員会会長 田村実造就任
1976年 昭和56年 12月 第3代理事会会長 中道健太郎就任
1975年 昭和50年 2月 第2代理事会会長 川西実三就任
1974年 昭和49年 12月

三島海雲逝去

仏教聖典刊行

1968年 昭和43年 6月 京都大学と財団法人東洋文庫が招聘するフランス大学教授シュタイン (チベット学)の海外講師の招聘事業を支援
1966年 昭和41年 4月
京都大学 羽田記念館(現ユーラシア文化研究センター)を寄贈し竣工
1963年 昭和38年 7月2日 第1回研究奨励金贈呈式開催
理事会会長 三島海雲、評議委員会会長 石井光次郎を選任
1962年 昭和37年 12月7日 財団法人 三島海雲記念財団設立
設立趣意書策定