コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
公益財団法人三島海雲記念財団
三島海雲について

ホーム> 三島海雲について> 財団創設者 三島海雲 年譜

財団創設者 三島海雲 年譜

1948(昭和23年)70歳

内助の功

妻 琴、海雲の療養費を工面するため、石井光次郎夫人 久子さん、長女朝吹京子さんと、有楽町に喫茶店を開く

1950(昭和25年)72歳

銀行の協調融資を受ける。取締役社長を辞任

1956(昭和31年)77歳

カルピス食品工業株式会社 取締役社長に復帰

78歳

ピルマン製造株式会社設立し 「ピルマン」ヨーグルトを発売

1960(昭和35年)82歳

三島海雲を敬愛するカルピス社役員、社員一同が顕彰碑を建立

三島海雲顕彰碑
(東京築地本願寺和田堀廟所)

1962(昭和37年)84歳

私財すべてを投じ
財団法人三島海雲記念財団設立

第1回理事会・評議員会(昭和38年 1963年 2月8日) 
前列左から、西村直己、石井光次郎、栗田淳一、天野貞祐、三島海雲、向井忠晴、川西実三、坂口謹一郎、 
後列左から、中山仙造、飯塚廣、羽田明、土倉富士雄、中道健太郎、田村実造、三島克騰

1963(昭和38年)85歳

第1回学術研究奨励金交付

第1回贈呈式(昭和38年 1963年)

財団の寄付行為として、京都大学 羽田記念館
(現ユーラシア文化研究センター)
を寄贈

羽田記念館

1965(昭和40年)87歳

勲三等瑞宝章受章

社長時代の三島海雲(昭和43年 1968年 90歳)

1966(昭和41年)88歳

富士山頂に登る

大正11年(1922年) 自己修養と「カルピス」にかかわる人々の
繁栄を祈るため富士山頂に登る。
以来、戦中戦後の一時期を除いてほぼ毎年、富士登山を試みた。

1967(昭和42年)89歳

富士山頂に中林梧竹の「鎮國之山」碑を再建

1970(昭和45年)91歳

カルピス食品工業株式会社取締役社長を勇退

1974(昭和49年)96歳

「仏教聖典」(山口益編) 出版
12月28日逝去(享年97歳) 正五位を叙せられる

天行健、君子自彊不息天行は建なり、君子は自ら彊(つと)めて息(や)まず。《易経》 三島海雲書