コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
公益財団法人三島海雲記念財団
三島海雲について

ホーム> 三島海雲について> 三島海雲の生涯<年譜>

三島海雲の生涯<年譜>

1878(明治11年)

7月2日 大阪府萱野村(現箕面市)で
生まれる

生家 教学寺

1893(明治26年)15歳

杉村楚人冠との出会い

京都西本願寺文学寮予科2年に入学 生涯にわたって
親兄弟以上の関係となる杉村楚人冠(広太郎)の教えを受ける

文学寮時代の三島海雲17歳

杉村楚人冠
(明治38年 1905年)

杉村楚人冠は、その後ジャーナリストとして東京朝日新聞で
活躍するとともに、新聞事業の近代化に功績を残した

1899(明治32年)21歳

文学寮を卒業 山口県開導中学赴任、英語教師となる

英語教師時代の三島海雲21歳

1901(明治34年)23歳

東京仏教大学3年に編入学

1902(明治35年)24歳

中国大陸に渡る

仏教大学を中途退学 中国に渡り、北京東文学社の教師となる

1903(明治36年)25歳

北京で貿易商 日華洋行を設立

日華洋行の正面玄関

1904(明治37年)26歳

運命の地 内モンゴルへ

軍馬調達のために蒙古(内モンゴル自治区克什克騰旗)に入り酸乳、馬乳酒等の発酵乳に出会う

28歳の三島海雲

三島海雲(右端)と鳥居龍蔵博士(中央)
(明治40年 1907年)

1907(明治40年)29歳

羽田 亨との出会い

東京で野村礼譲(文学寮同窓)の紹介で、その後一生の理解者となる
東京帝大生 羽田亨と出会う

羽田 亨博士
(昭和29年1954年)

羽田亨博士は、中央アジア,西域文明研究に新分野を開拓した
東洋史学者 京都大学総長

1908(明治41年)30歳

後に京都大学東洋史学講座創成に尽力した桑原隲蔵博士、
矢野仁一博士らの東モンゴル踏破の旅を案内する。
この旅の記録は、桑原隲蔵著『考史遊記』に記されている

北京東直門を出発する一行

活仏アオハン(中央)と三島海雲

桑原隲蔵博士、矢野仁一博士はいずれも日本を代表する
東洋史学者 京都大学教授

1909(明治42年)31歳

大隈重信伯爵の薦めで、内モンゴルにて綿羊の改良に着手

大隈重信伯 (国立国会図書館
近代日本人の肖像)

内モンゴルでの綿羊事業

北京での三島海雲(前列左端)
桑原隲蔵博士(前列中央)
矢野仁一博士(後列左から二人目)